淋病という性病の治療法について

淋病という性病の治療法について

淋病の治療方法は、基本的に抗生剤の投与になります。
また、治療期間も1~2週間程度と大変短い期間で完治する事ができますので、他の性病と比べて治療が簡単だと言えます。
HIVなどのように感染してしまったら完治が難しいというような事はありません。
淋病になったらなるべく早く、症状が進行する前に治療を行うことが重要になってきます。

ただ淋病の治療に用いられている抗生剤については、使用上の注意があります。
それは淋病だけでなく、様々な抗生剤に対する耐性を持つ耐性菌が登場しているからです。
その為、病院などから処方された抗生剤を使用するのではなく、ドラッグストアなど抗生剤を購入して淋病治療をする際には、淋菌の持つ耐性を考慮する必要があると言うわけです。

日本で淋病の治療に利用されているのは、クラビットなどのレボフロキサシン系の治療薬やジスロマックなどのアジスロマイシン系の治療薬です。
特に多く活用されているのがクラビットのジェネリック医薬品やシプロックスですので、病院で検査後に治療を開始する場合には、いずれかを処方されるようになっております。
淋病になったらなるべく早く治療を行う必要があります。
もしかしたら淋病かもと思ったら、性病検査キット 楽々確認術などで紹介されている検査キットを使って検査をしてみてください。


http://www.leedslinks.com/