千葉の胃カメラによる検査は、苦しむことがない!

千葉の胃カメラによる検査は、苦しむことがない!

胃カメラを入れて内視鏡検査をした事があるのですが、あの時は苦痛しかありませんでした。
口に太い管を入れるのですが、そのためには麻酔をしなければなりません。
麻酔液を口に含み、喉に麻酔が効きやすいように、5分ほど上を向いた状態を保ちます。
口を半開きしたままです。
そのような状態を5分も続けていられず、当然飲んでしまいました。
苦痛でしたが、それが大したものではないと知ったのは、胃カメラを飲むとき、そして撮影時です。
口の中に黒い管が入っていくのは、今までに経験したことのない感触で、吐き気さえ覚えました。
そして、その状態のまま胃を膨らませるため空気が送り込まれます。
当然ゲップをしたくなりますが、しかししてしまうと異が縮むので出来ません。
苦痛とゲップに耐えながら、これはいよいよ死ぬときが来たかと、覚悟した程です。
実はこれに懲りて内視鏡検査が必要だと分かっても受けてません。
ところが、この内視鏡検査を苦痛なしに出来るクリニックが、千葉にあるそうです。
「無痛胃カメラ」といって、静脈内に麻酔剤を投与することで、苦痛を感じないそうです。
素晴らしいです。
もろ手を挙げて歓迎すべきものではないでしょうか。
これなら検査を受けられそうです。clickして参考サイトへ


http://www.leedslinks.com/